メニュー

耳鼻咽喉科 頭頸部外科領域全般

耳の病気の種類 

耳の構造

様々な中耳炎の鼓膜

 

鼻の病気の種類

鼻の構造

副鼻腔炎の治療

副鼻腔炎(ちくのう症)の治療の基本は、

この3つを合わせたサイクルで実行することが効果的です。

乳幼児鼻用吸引管

吸引部の先端はシリコンゴムなのでやわらかく、乳幼児鼻腔内分泌物の吸引除去を鼻の奥までより安全にできます。鼻が狭かったり、処置を怖がられる大人の方にも使用することがあります。
オートクレーブ滅菌で殺菌しております。

慢性副鼻腔炎(ちくのう)の治療

マクロライド長期少量投与
(エリスロシン・クラリス・ルリッドなど)
抗生物質の一種でありながら鼻粘膜・気道粘膜の正常化を助ける作用があり、抗生剤として使用する場合と比較して、半分以下の少量で粘膜の正常化作用を期待できる薬です。
その他に粘液をほぐす薬・漢方薬もあります。

上顎洞穿刺・洗浄器具 サイノジェクト

目の下のほっぺにある空洞を、上顎洞といいます。
サイノジェクトはこの上顎洞を洗浄するための最新器具です。
これまでの不快感が大きく軽減され、簡単かつ安全に洗浄することができます。

のどの構造

咽頭・喉頭・扁桃の症状

ファイバースコープ

喉や鼻の動きを観察し、鼻と喉のつなぎ目などに異常がないかを調べます。

細く、やわらかいものです。

鉗子付き(カンシ:つかんだり、とったりする器具)ファイバースコープ

先に極小の鉗子(カンシ)が付いており、組織採取・小手術や
のどに刺さった魚の骨などの異物を除去するのに用います。

ファイバースコープ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME